良い会話が良い仕事へ

MENU

良い会話が良い仕事へ

仕事が出来る人間の特徴は、言葉を上手に扱える点にあります。

 

言葉を上手く使えるということは、
自分の仕事が評価されやすい環境を生み出すことにつながるのです。

 

自分に良い印象を抱いてもらえるかどうかも、言葉1つで変わってきます。

 

取引先の受付で自己紹介をするシチュエーションが良い例です。

 

受付の人が理解しやすいように内容を整理しながらしゃべると、
自分の評判がそこから上がるのです。

 

受付に出向いたら、自分がどこの会社と課に属するか、
誰と何時に約束しているかを簡潔に述べましょう。
威張った態度や妙にオドオドした様子を見せてはいけません。
自信を持ちつつも丁寧な応対が大切なのです。

 

受付から応接室に通された瞬間に、ビジネスはもう始まっています。

 

席に案内されて挨拶を済ませたら、応接室を褒めてください。
調度品や景色など、必ずどこかに褒めるポイントがあるはずです。
なぜなら、応接室とはお客に心地よく過ごしてもらうための空間だからです。
そうした点に気付くことが出来ると、取引先相手との会話も弾みます。

 

 

 

取引先との会食は、言葉だけでなく身体もフルに使いましょう。
店員を呼ぶ、メニューを配る、飲み物の量に気を付けるといった配慮は、
口から出る言葉と同様に、相手の心を揺さぶります。

 

自分が上司の立場だとしたら、
部下が積極的に動いてくれるのを不快に感じることはありませんよね。

 

相手の会話にきちんと耳を傾けるのも大切です。
大げさだと逆効果ですが、適度な相槌やリアクションンは、話し手の舌を滑らかにします。
立ち振る舞い敬語を上手に使えば、あなたも今日からデキる大人へと生まれ変われるのです。